株式会社ハピネスランズ

お問い合わせ
0120-125-404
営業時間10:00〜17:00
定休日土曜日・祝祭日
   (日曜日要相談)
〒152-0034
東京都目黒区緑が丘2-3-1
sssssss
eeeeee
お問い合わせ

お役立ち情報

2020.12.10介護度がないと老人ホームに入れない?

老人ホームには様々な種類がある

 

 

ひとくちに老人ホームと言っても世の中には沢山の種類の老人ホームがあります。公共の老人ホーム特にいわゆる「特養」特別養護老人ホームというものはいつも順番待ちで空きがないことは、皆様よく新聞やニュースでお聞きのことと思います。何となく、老人ホーム探しが大変なのは皆様わかっていても、どう大変なのかは実は探し始めて気づく方がほとんどです。何故なのでしょうか?

介護保険を使うホームは介護保険点数が無い人は使えない?!

 

実は介護保険の法制度で税金を使ってサービスを受けるためには、まず、自立、要支援1~2,要介護1~5というケアマネージャーさんが介護区分申請という作業をしてくださってからでないとサービスが受けられ無い事になっています。
 

–>

老人ホームは急には入れません。

 

突然の骨折、手術などの病気で入院後すぐに、一人暮らしの方がもう自分で身の回りのことが出来ないから「どこかいい老人ホームがないかなぁ。」となっても、介護度のない人はサービスさえ受けることが出来ません。日常ご自宅で一人暮らしをしている方が使うデイサービスやヘルパーさんも介護保険で介護認定してもられないと公共のサービスは使えません。

公共の施設の入居は介護度が高い人が優先される

 

実は特養に入れないという問題は、現在では都市部以外ではかなり解決されてきています。それでも入りたい方が誰でも入れるのでは無く、都区部では要介護4や5の方が優先されているので、要介護の3や2の方が入れないと言うことが新聞などで言われているのです。

 

 

大きく分けて介護保険をA.使う所 B.使わない所がある。
上表のように介護保険をそもそも使う施設は介護保険からもらえる保険料(いわゆる国からの税金)が無かったら経営が成り立ちません。

 

 

これは介護度が高い要介護の4や5の方をお世話した方が、施設側の収入が多くなるように設定されており、必然的に民間の介護付き有料老人ホームも介護度の高い方を受け入れた方が、施設の経営が安定することとなります。実はデイサービスの仕組みも同じになっています。つまり同じ有料老人ホームでも介護付きと住宅型では一人当たりで施設側が受け取れる額が住宅型では介護付きの半分程であるのが実情です。

 

 

介護サービスの矛盾「元気にして差し上げると自分の収入は減る」
ここに介護事業者のジレンマがあります。一生懸命お世話し利用者さんが回復すると嬉しいけれど自分達の収入は下がってします。どうでしょうか?一生懸命やればやるほど収入が減る・・・こんな仕事って他にあるでしょうか?

 

 

しかし介護保険に頼らずサービス提供しているホームがあります。それが「住宅型有料老人ホーム」「グループリビング」「サービス付き高齢者住宅」です。これらのホームは基本的に介護保険料を見込んで設立されていませんので、入居者さんに元気になっていただくことで収入が減りません。お元気になっていただけることは長寿で長くご利用いただけることに繋がりますので運営側にとっても、利用者さんにとっても喜びとなります。

 

さらに介護保険に頼らないホームならば、自宅にいた頃と同じケアマネージャーさんにお世話になれて、同じデイサービスに通い、同じヘルパーさん看護師さんにお世話になれるという利点もあります。

65歳以上で家を借りることは大変です。

 

それは高齢者の孤独死が社会問題となった今では当たり前のようにご高齢の方は保証人がいても賃貸物件を借りにくいのが実状です。それに対してこれらのホームは確実に高齢の方を受け入れてくれる住まいです。実はこれらのホームは介護保険的には住宅に分類され、実は介護施設ではありません。

ご存知ですか?グループリビング

 

その中でも今お薦めなのはグループリビングという住まい方です。これは特にご高齢でも自立している方にお薦めです。医療や介護のお世話にならずに自由に自立しながら、緩やかに食事などの家事を手伝ってもらいつつ、自分で好きなときに好きなことが出来る自立度を落とさない事を目標とした住まいです。弊社はこのグループリビングを紹介するほぼ唯一の紹介会社と言っても過言ではありません。

介護職・宅建業の両方の資格があるプロに問い合わせを!

 

 

わからないことは我々老人ホーム紹介会社を利用するのがお薦めです。
(株)ハピネスランズでは介護の資格と不動産の資格の両方を取得したプロフェッショナルが貴方の疑問にお答えします。お問い合わせは0120-125-404までお気軽にお電話ください。

一覧へ